エイジングケアの神日記

TOP PAGE ⇒ 「ここのところでは、美容に関する家電が」

ここのところでは、美容に関する家電が

ここのところでは、美容に関する家電が普及していておうちで簡単にエステ並みのスキンケアができるのがすごく喜ばしいです。

アンチエイジングができる家電に興味があります。若くからコツコツとエイジングケアを自分に施していると、2,3年後のお肌が違ってくるかもしれないと思うので、頑張ってケアしています。


その名前への信頼感がファンケル無添加スキンケアの特筆すべき点と言っても言い過ぎではないでしょう。


当然、その商品の顔ぶれも乾燥、しわ、たるみ、そして美白などの対策を考えたイロイロな商品があります。普段の肌の状態や願望に沿ったお肌のアイテムを選べると言うことも人気を集めるわけです。女性の身体は、出産後しばらくの期間、妊娠期から出産までの体内ホルモンバランスから大聴く変化してしまい、いろいろなトラブルが起こります。



肌荒れ、シワの増加といった肌トラブルも自覚しやすく目立ちますから、悩まされている女性は多くいます。妊娠中、ふんだんに分泌されていた女性ホルモン、プロゲステロンとエストロゲンが出産後はいきなり量を激減し、その影響で肌は水分を失いやすくなり、容易に乾燥状態になります。
それに、敏感肌になる人も多いようですから、そんな肌に無用な刺激を与えない、無添加の製品などを使ってとにかく保湿を第一に考えたスキンケアに努めましょう。とはいえ、あまり時間もとれないでしょうから、オールインワンタイプを使うなどの工夫は必要かもしれません。

アラサーと言いつづけて5年、ついに私の顔にもシミが出現して、恐ろしい増殖ぶりです。


私の場合は原因がはっきりしていて、太陽の恵みの副産物、憎き紫外線の仕業です。

出産後、歩けるようになったおこちゃまと、毎日のように一緒に近くの公園まで出かけ、AM中たっぷりと遊ばせました。



二人分の支度は意外と手間がかかるものです。

よっぽど早起きでもしない限り、自分の日焼け対策にまで手が回りません。
ただ、シミのないお肌のためには、外出時の日焼け対策は必須です。

ポケットに入れてでも持っていくことにします。人より弱い肌の場合は、敏感な肌だと一括りにする事には無理があるのですが、肌に無理が掛からず、その上肌別に合った化粧品で、スキンケアを心掛け事が大事です。
四季や肌年齢によって、肌の状態にちがいが表れるのも、人より弱い肌の頭が痛いところです。その時の肌のコンディションに合わせて、丁寧なスキンケアを心がけてちょーだい。近頃、お肌がくすんできてるなぁと思った方は洗顔方法が原因かもしれません。毛穴にたまった角栓がお肌をくすんで見せる原因になるのです。

悪習慣などで肌が新しく生まれ変わろうとする働きを邪魔すると、古い角質はいつまでも剥がれません。明るい肌つくりの洗顔ポイントは、熱すぎないお湯を使って、肌の保湿成分が配合された洗顔料で泡で摩擦を減らし、こすらないようにして洗います。肌のターンオーバーを促すピーリング石鹸を週一回ほど使うと透明感ある肌へ変わっていくことでしょう。

年齢を重ねると、肌って正直だなと思います。
快活に見える笑いジワや以前より増した目周りのたるみなど、本人だけがひっそりと時間の経過を切実に感じているのです。

年齢と供に肌は薄くなり時節のダメージを強く受けるようになり、新しくできたシミやしわが次のシーズンにまで残るようになります。


いまは優れたUVケア製品が多いですが、昔はさほどカバーできていませんでした。
目の周りやデコルテ周辺のシミやシワなどは、あとからでも集中的にケアが必要です。個人差はもちろんあるとは思いますが、だいたい38歳頃には、シワは顔に定着するようです。

この年齢は、夜にぐっすり眠っても朝に疲れが残っていたりと衰えを実感する頃ですし、目の下に横たわるクマとかほうれい線が顏の中で急激に目立ちはじめたりもします。38歳以前は、肌が疲れているな、と感じても、ケアして眠れば翌日には疲れがとれてい立と思います。



でも、38歳以降肌の調子が基にもどるのに、少々時間が必要になってきて、ずっと疲れたままになっていることが増えてきたように感じています。

ここ最近話題の一日一食健康法ですが、どのくらいアンチエイジングに効果が期待できるのかと思う人も多いのではないかと思います。
食欲を我慢している状態になるとホルモンの分泌量が増すと定義されていて、それ効果よってアンチエイジングの効果があるようです。
たとえば、女性ホルモン量が増すにつれ、シワやたるみの出現をおさえるなどです。



スキンケア方法としては、とにかく化粧水でたっぷりと潤いを与えた後、乳液をちゃんと使い、化粧水で補給した水分をお肌に閉じ込めるようにします。また、中からも、潤いを与えることが重要なので、一日2Lのペットボトル1本分の水を飲んでみるように意識して心がけてちょーだい。体の外側と内側から保湿と水分補給をして、弾力のあるみずみずしいお肌を取り戻しましょう。

関連記事


Copyright (C) 2014 エイジングケアの神日記 All Rights Reserved.

TOP
PAGE