エイジングケアの神日記

TOP PAGE ⇒ 「出産後と、それに続くしばらくの期間」

出産後と、それに続くしばらくの期間

出産後と、それに続くしばらくの期間の女性の身体は出産前とはホルモンバランスが急激に変わったこともあって、身体に色々なトラブルが起こりやすいです。肌荒れ、シワの増加といったこともよく目立つために、悩む人は多いです。

妊娠継続中ずっと続いていたプロゲステロン、エストロゲンといった女性ホルモンの分泌が出産を終えたことで急に減り、その影響を受けて、肌は簡単に乾燥状態へと陥ります。乾燥して荒れてしまうと敏感肌にもなりやすいので、なるべく低刺激で肌にや指しい無添加製品を使い保湿に重点を置いたスキンケアを続けるのが良いようです。


肌荒れを防ぐためには、顔を洗い終えたら、即座に化粧水などを使って保湿をします。どういったものをつけるのかは、あなたの肌質によって異なってきますし、体調によっても変わってくるでしょう。

毎日、化粧水や乳液、美容液を使っていくのではなく、肌状態とよく相談をするようにしてください。

日常的に各種の保湿商品をつければ、本来お肌が持っている保湿機能が低下してしまいます。
敏感なお肌へのケアを行なう場合には、肌が乾かないようにするため、十分な保湿が必要となります。
保湿、保湿するためにはいくつかの方法があります。



保湿に特化した化粧水やクリーム等が豊富に揃っていますし、メイク用品にも保湿の効果が高いものがあります。

人気の保湿効果が高いセラミド(美肌に関する効果以外にも、色々な効果があると考えられていますが、まだ多くの謎に包まれている物質です)が配合されているスキンケアを使用するのも良いでしょう。アラサーの肌って微妙です。
とってもキレイな人もいれば崩れてる人もいて、私は後者になりかけました。

早く退社した日に買物に行って、店頭の鏡を見立ときに落ち込んでしまいました。その週はしっかり寝ていたはずなのにクマがとって持て、これが自分の顔かなって。。。CMとかでこういうのってあると知っていましたけど、ショックでした。そこで発想転換することにしたんです。


スキンケアの時間や費用って、純粋に自分のためのものです。美容に時間をかけていると、気持ちも肌もリセットされていくのです。本当の意味で良い顔になれるよう気をつけようと決心しました。時間を巻き戻すのに比べたら現実的ですから。肌にシワができるのには原因があります。何かと言うと、乾燥の影響が大きいようです。部屋のエアコンの空気にさらされていたり運動をして、汗が肌の保湿成分ごと流れていってしまった場合などは特に気を付けましょう。それではこの乾燥にどう対処したらいいかと言うと、とにかくまめな保湿を心がけることが最も重要だと考えられています。
そのためにスプレータイプの化粧水を持ち歩くのは便利です。

どこでもひと吹きするだけでいい手軽さがあります。また、汗を流した時は皮膚のバリアがなくなっていますので、しっかり保湿をします。しわ取りテープと言う商品をご存知でしょうか。
貼るだけで顏のしわを取ってくれると言うこのしわ取りテープなのですが、テレビで少し前にコスメなどに詳しいと言う芸能人に紹介されました。紹介者も愛用していると言うことです。

気になるしわをのばしてテープを貼り、しわのない状態をテープがなくても続くようにしたい商品のようです。



貼っている間は引き締まった気がして、いい感じらしいのですが、あまりにも長い時間貼り続けていたりすると、肌への良くない影響も出てくるようで、赤みやかゆみ、酷くなると湿疹などを起こす人がいてもおかしくありません。


しわ取りテープを使ってみたら、大変なことが起こってしまった!なんてことのないよう、決められた使用方法はちゃんと守りましょう。

うっかり肌にできてしまったシミやそばかすをなるべく目立たなくしたいと考え、ビタミンC誘導体が配合されている美容液を使いはじめました。
顔を洗って余分なメイクや汚れを落とした後、指先に美容液を少し出して、シミが出来てしまった部分にトントンします。使用を続けて一ヶ月ほどで、シミとそばかすが、少しずつ薄くなってき立と実感し立ため、とても嬉しいです。エイジングケアではコラーゲンの取り入れがとても大切だと考えます。
コラーゲンは素肌のハリやツヤを生み出してくれます。

若い時代のような素肌にするには、コラーゲンがいりようです。
それが一杯入っている食物やサプリメントで補給するのがエフェクティブなようです。


洗顔時に熱湯を使用すると肌にとってなくてはならない皮脂まで取り去ってしまいますし、きちんと洗えていないと肌の乾燥やニキビなどの肌トラブルを招くので頭においておくことが必要です。顔を洗ったら、すかさずたっぷりの化粧水を丁寧に肌に押し付けるように吸い込ませ、必ず乳液を塗り、水分を逃さないようにしてください。

特別に乾燥が気になる目や口の周りなどは、少々他よりたっぷりと塗るようにします。

40歳以降のお肌のしわケアについて、お悩みを抱えている方が多いと聴きます。


適当な潤いを肌に与えないと、新しくしわができたり、元々あったしわがさらに深くなるようです。

クレンジングした後はコットンに化粧水を染み込ませ、パッティングする方法が良いとされていますが、一生懸命にパッティングしすぎたら、逆に、しわが増える原因ともなるのです。適当な量の化粧水をコットンに含み込ませて、や指しくパッティングするのが良いようです。

関連記事


Copyright (C) 2014 エイジングケアの神日記 All Rights Reserved.

TOP
PAGE